土地が必要

豪華な寝室

人それぞれ個性があるように、住宅も本来は住む人に合わせてそれぞれ個性があります。
そのため仕様が決まっている規格住宅の類では満足できない人は常に一定数います。
そういった人たちの住宅需要を満たしてくれているのが注文住宅です。
注文住宅ならば自分に合ったプランを住宅にそのまま反映させることができ、理想の快適な家づくりができます。
望むなら室内にダイニングバーを設けたり、シアタールームを設置したりできますし、吹き抜けや中庭を設けて開放感を演出するのも思いのままです。
自分のお気に入りのプランを実現するには、それだけ注文住宅に関する知識が必要となりますが、その点さえ克服すれば長きにわたって快適に住める理想の住宅が手に入ります。

満足行く注文住宅を手に入れるために、施工主にとって最も重要な選択となるのが建設会社の選択です。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで取り扱う会社は非常に多いため、この選択は多くの人が迷うことになります。
この選択において参考にしたいのが、それぞれの会社の特徴です。
例えば大手ハウスメーカーは注文住宅でも建材の一部は大量生産による規格品を使っています。
これによってコストを引き下げており、自由設計ながらもかなり安く施工を依頼することができます。
また保証も手厚いところが多いですが、細かな仕様変更が難しいことが多いのがデメリットです。
また地場の工務店はその逆で、細かなところまで仕様を決めることができますが、コスト面ではやや高めとなります。