【目立つ肌の悩みを撃退】ほくろ除去治療の種類を紹介

目立つほくろも改善出来る

ウーマン

様々な施術の方法

ほくろはそれ程気になるものではありませんが、中には数が多かったり、大きなものがあったりするとそれがコンプレックスとなってしまう場合があります。ほくろがなぜ出来るのかというと紫外線などの刺激により、メラニンをつくる段階でメラノサイトが過剰に増えることでほくろが出来てしまいます。メラニン自体は肌を守る為に大切なものではありますが、それが過剰に増えてしまえばほくろとなって肌に残ってしまうでしょう。肌にたくさん出来てしまった場合、ほくろ除去を考える人もいますが、美容外科を利用することできれいに取り除くことが出来ます。施術の方法としてはいくつかありますが、医療用のレーザーを使用した方法やメスを使用した切除法、液体窒素を使用した方法などあるでしょう。医療用レーザーでは5mm以下の小さなほくろに有効で、傷跡も目立つことなくきれいな肌をつくることが可能です。肌への負担も少なく、短時間で施術を完了することが出来るでしょう。メスを使用したほくろ除去では、大きなほくろでも対応可能で、一度の施術で取り除くことが出来ます。ほくろの周りから切除しますが、切除後は皮膚を縫合し傷跡を目立ちにくくします。液体窒素を使用する方法では、液体窒素を患部にあてて凍結させていきます。凍結することで細胞が壊れ、最後はかさぶたとなって剥がれ落ちるでしょう。何度か繰り返し施術を受けることでしっかり取り除くことが出来ます。この他にも電気メスによるほくろ除去の方法など様々ありますが、クリニックによって行っている施術が異なるのでホームページなど参考にしてみましょう。気になるほくろ除去をする場合、色々な施術方法やクリニックがあるのでどこを選べば良いのか迷ってしまいます。費用だけで比べるのではなく、しっかりと施術の中身やクリニックの評判も参考にしましょう。申し込みする際は電話やメールで事前に連絡を入れることで予約を取ることが出来ます。カウンセリングだけであれば無料で行ってもらうことが出来ますし、自分には合わないなと感じたら他のクリニックを選ぶことも可能です。もし気になるクリニックがあれば、相談だけでも一度行ってみることをおすすめします。また、出来れば複数のクリニックにカウンセリングに行ってみることをおすすめします。ドクターによっても考え方や対応の仕方が違うので、より自分の考えに近いドクターがいるところを選びましょう。ほくろ除去施術はほくろの大きさや数によっても一度の施術で終わる場合もあれば何回か通う必要がある場合もあります。それによっても費用が変わってくるので、カウンセリングを受けた際に聞いてみるのも良いでしょう。目立つ部分にほくろがある場合、やはり人目が気になる人もいるのではないでしょうか。ずっと人目を気にするのであれば、勇気を出して施術を受けてみるのも一つの手です。小さなものでは簡単な施術で取り除くことが出来ますし、近年の技術の進歩により、傷跡が目立ちにくくなっています。しっかり取り除くことで、ほくろの無いきれいな肌を手に入れることが出来、悩みやストレスから解放されるのではないでしょうか。ぜひカウンセリングの予約をしてみましょう。

Back to Top