【目立つ肌の悩みを撃退】ほくろ除去治療の種類を紹介

不要なほくろを取り除こう

レディ

大きなほくろがあると、それがコンプレックスとなってしまう場合があります。そんなほくろは美容整形をして除去しましょう。ほくろ除去の方法は各クリニックで異なります。また、ドクターとの相性も大切になるので、自分に合ったクリニックを見つけましょう。

Read More

見た目も変わり自信が付く

女の人

目立っていたほくろを取り除くことで、自分の肌に自信を取り戻すことが出来る場合があります。ほくろ除去にはいくつか方法があり、大きさや範囲によっても費用や合う施術が異なります。コンプレックスに感じているほくろがあれば施術を受けてみましょう。

Read More

肌の悩みは解消できます

ドクター

原因はメラニン色素

どんなに美肌ケアをしても化粧をしても消えないほくろ。目元や口元にあると女性らしさやセクシーさの象徴とされていますが、だからと言っても許容できなかったり、それが原因でコンプレックスを抱いてしまったりするという方も多いようです。特に鼻の近くや頬など、顔の目立つ位置にできたほくろはどうしても気になるものです。一般的に知られているほくろはおよそ三種類とされていて、一つは単純黒子と呼ばれるものです。これは体内で分泌されたメラニン色素がある一点に集中して、黒ずんでしまった状態です。二つ目は色素性母斑と呼ばれる、メラニン色素が層状に重なり、皮膚が盛り上がってしまった状態のもの。最後の三つ目は老人性色素斑という紫外線の影響によるものです。加齢に伴う増加は三つ目の要因が大きいですが、単純黒子、色素性母斑にはメラニン色素が関与しています。であればメラニン色素の分泌を減らせばよい、という方向に落ち着きそうですが、実はこのメラニン色素は人体・皮膚を太陽の紫外線から守るためには絶対に必要なものです。つまり、人は生きている限りメラニン色素を分泌し続けるため、基本的にほくろとの根本的な決別はできません。このため、どうしても気になる場合は化粧などで隠すしかないというのがこれまでの常識でしたが、昨今は技術の発達、また、認知度が増えて利用する方が増えたことで、街中の美容整形医院でお手軽に、しかも跡も残さずきれいに除去ができるようになってきました。ではほくろの除去にはどのような手法がとられているのでしょうか。美容整形クリニックでのほくろの除去施術は、ほくろの状態や部位に合わせて三つの方法がとられています。皮膚の表皮付近にできたもの、例えば単純黒子で小さいものなどは電気分解法という方法を用います。これは電気メスの原理による酸化還元反応をメラニン色素が集中する部分で起こすことで部位を焼き切るというものです。この方法で施術を行うと、部位がかさぶたとなりますが、数日経つと跡も残らず綺麗に除去することができます。小さな単純黒子であれば電気分解法を使いますが、ある程度の大きさである場合は、切除法を用います。この方法は、メラニン色素の集中部分をメスによって切開し、その後皮膚を縫合するというものです。切り口を作るため跡が残りそうと考えがちですが、皮膚の皺に合わせて縫合するため、違和感なくほくろを除去することができます。以上二つの方法でも対処できないもの、あるいは色素性母斑など大きく皮膚が盛り上がってしまったものは、高周波メスによる切除を行います。高周波メスはレーザーメスなどと違って病変部位や付近の皮膚を焼くということはありません。このため周囲の皮膚組織を熱傷等で傷つけにくいため、施術後の自然治癒が非常にスムーズという大きなメリットがあります。いずれも日帰り施術が可能であり、しかも小さいほくろであれば1万円程度で跡を残さず除去することができるため、非常に人気です。顔や体のほくろにお悩みの方、特にコンプレックスを抱いてしまっている方は、ぜひ一度美容クリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。

目立つほくろも改善出来る

ウーマン

目立つ場所にほくろがあるとそれだけで気になってしまいます。そんなほくろは美容外科でしっかり取り除きましょう。クリニックによっても様々なほくろ除去の方法を取り入れており、小さなものではあっという間にきれいにしてくれるのでおすすめです。

Read More

Back to Top